2006年09月11日

見えているもの

諸事情は一切割愛した上で話し始めるので、話が「???」のところがあるかもしれないけれど、それはご容赦ください・・・とお断りした上でのお話。

先日お嬢様にある問題をさせた。10×6くらいの点があるのだが、その点を問題と同じように結ばせる、ただそれだけのことなんだけど、それが出来ない。大人から見れば単純な(いわゆる)作業。しかしとにかく出来ない。
自慢じゃないがお嬢様。勉強はそこそこ出来るほうだと思っている。事実、足し算や引き算の問題があると、こちらが何も言わなくともすらすらとやって見せる。しかし、しかしなのだ。点を結ぶ作業をさせると極端にやる気が失せ、目がうつろになり、私の機嫌を伺い始め(「これでいいの?」と聞き始める)、泣きが入る。
どのくらい集中しているか?見ていたところ1分と我慢できなかった様子に、親として正直腹が立った。(ああ、反省あせあせ(飛び散る汗)

正直に言えばやる気が失せる辺りまでは許すことが出来た。「苦手なのね」と受け入れることも出来た。しかし目がうつろになり始め、機嫌を伺い始めた辺りから私のイライラ虫がうずきだした。
「誰のための勉強だと思っているの?」と言う言葉を飲み込んで、「いいからやってご覧」を連発しまくった。(これまた反省あせあせ(飛び散る汗))そして泣きが入った頃になると、私が諦めた。
「じゃあ、また今度やろうね」

そのまま止めようかと思ったけれど、とりあえず次の計算問題を差し出してみた・・・やるんだなぁ〜これが。しかも喜んで。

そんな疑問を抱いていた中で今日、某先生から個人講義を受けるのような、そんな貴重な時間のチャンスを頂いた。
その中で「へぇ〜、へぇ〜、へぇ〜」バシ、バシ、バシ的に感動したことがある。いっぺんに謎が解けた気がした。それは「見えていることしか表現できない」ということだった。


「当たり前じゃん」と思うことなかれ。
先のお嬢様のことを例にしていえば、お嬢様は縦横の線は引いている。(もちろん’イヤイヤ’ながらではあるけれど)引けないのは斜めの線である。
つまり「斜めの線が認識できてない」らしい。

(ここから先は、その先生の受け売りなので「らしい」の伝聞系になるけれど)

子供の初期認知は縦横の線から、といわれているらしい。
なので斜めの線が引けない。そこで「よく見なさい」といわれても、何を見ていいのか?わからない。よって目が泳ぐ。うつろになるところにまた「よく見なさい」と言われるけれど、何のことを言っているのか?わからない。そしてドツボに入る・・・

大切なのは「斜めの線が出ている」と言うことを認識させてあげることだという。ここで大切なのは「教える」のではなく、認識させること。
その関わりが大事なんだという。

・・・かかわり?どこかで聞いたことありませんか?
まさに私が行っていることがそうだということ。へぇ〜、こんなことにも使えるんだ〜と、妙に納得した後に奈落の底に落ち込んだ。「私、子供に出来てないじゃん(=やってないじゃん)・・・」(ド、ド〜〜ン)


撃沈されたけど、身内にはそういう目で見ることが出来ない(使いにくい?特別なスイッチが必要??)という実例を嫌と言うほど体感した私。あ゛〜本当に難しい。

これからやっていこうと思ったときに、先に気付いたのは不幸中の幸い。
お嬢様の得意、不得意を見極めたうえで、効果的に関わっていけるように出来ることから始めようと心に決めた。これからの私たちにご期待ください。
posted by torefoil company owner at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 5F coachの部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月10日

ちょっと小休止

もうすぐ9.11から5年。
そのニュースが飛び込んでくるたびに、あの日からの自分の歩みを思う。

5年間に何が変わったんだろう?
そしてまた今日から5年後、一体私は何を思うのでしょう?

ここ数日十数年前の自分を思い出していたら、そんな些細なことが妙にリアル。

 変わっているもの
 変わらないもの
 変わらざるを得ないもの
 変えてはいけないもの・・・

夏の暑さ〜残暑が一段楽した今日。

出身高校が男女共学になり、校舎も一新。
名前も校舎も学生も
全てが変わったその「元」女子高校の文化祭を横目に
懐かしい高校生の自分が、そこにいる風を感じた。

posted by torefoil company owner at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 8F ownerの部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モデル詐欺事件

ああ。女性の心理を微妙に取り込んだ詐欺事件。

ちょっと前に真珠養殖のオーナーになる、と言う話の詐欺が取りざたされていた。金額の大小はあるにしても、この手の事件は古今東西こと欠かないらしく、忘れた頃に「事件」と名付けられて報道されている。


今から○年ほど前のとある女子大生の話。
田舎から上京した、「東京に間借りして住んでいます」をモロに醸し出した姉ちゃんだったころの話のことである。


私の言っていたS女子大の規則は(当時)とても厳しく、今まで何度か述べてきたように服装の規定と時間管理には特に厳しかった。
さていつものように学校へ突進していく私。でもこの日はちょっとだけ余裕を持って登校していた。「このままいくと、かなりの余裕だわぁ〜」とほくそえみつつ歩いていると、目の前を遮る2人の男性が。

「?」と思いつつも歩いていくと、「ちょっといいかなぁ?」と声をかけられた。
「今日は余裕もあるし、ま、いいかぁ〜」と、普段なら全く相手にしないのだけど、そんなコトもあって話を聞くことになってしまった。

「僕達○○大学の学生なんだけど・・・」
あ〜いつものサークルのお誘いか?と、どこか陳腐な切り出しに呆れつつ話は進む。
「実はバイトでバックの卸し売りをしているんだよね」 へ〜バックね・・・

「で、そのバイト先が倒産しちゃって、バイト代が払えないって言われて、
 現品支給されたんだ」 ・・・そんなことあるんだぁ〜

「僕達も困っているから、1つ1万円でいいから買い取ってもらいたくて
 ここにきたんだ」 ふ〜ん、ヘンなバイトにつかまっちゃったね・・・

「じゃあ、どこかお店においてもらったらいいんじゃないんですか?」と私。
「それがさ、全て革のバックはいいんだけど、ゾウとか○○とか、ワシントン条約で
 禁止されている革なんだよ。まだ禁止前に作ったものだからさ」

「ここにあるバックはゾウの革。結構な値段のするものなんだ。
 2万円のところ半分の1万円でいいからお願いできないかな?」


・・・書いてて空しくなってきた(ため息)どう考えたって、明らかに詐欺じゃん!

しかし当時の私は違った。詐欺かな?とアタマをかすったのだが、何よりその二人が自分の姿に重なり、とても気の毒になり振り切ることが出来なかったのだ。(ああ、純情な私・・・)
授業開始を知らせる鐘は鳴る!遅刻するわけには行かない!!そして行く手を2人の男性がふさいでいる!!!
・・・とにかくトラブルを起こしたくなかった。
そして「私でお役に立つのなら」という、ヘンな同情とボランティア精神が私を支配した。
「寄付するんじゃないんだからいいんじゃないの?」
・・・結局その言葉に負けた。「私はいいことをしようとしているんだ!」
いつしかそんな気持ちとの葛藤に変わっていた。


しかしふと現実に返る。「1万円だと?」
「無理です」と言った後、申し訳ない気持ちを一杯抱えながら「とにかく授業があるから」と立ち去ろうとした。
「本当に困るんだよ、僕達も。じゃあ半分の5千円でいいから」
そういわれると最初の2万円と言う文字がちらちらしてくるから面白い。

「待てよ、2万円から5千円に?私ったらもしかしてお買い物上手?」
・・・人間って不思議。だんだんと自分のいいように解釈を始めている。
一応言ってみた「3千円じゃダメかな?」
「ってことは俺達一人1500円ってことだよな・・・つらいよなぁ〜」
その瞬間私の脳裏をかすった言葉。「5千円で済むんなら、払っちゃえ」
・・・で私。結局5千円を支払った。
その男性達は、私が校門に入り見えなくなるまで「ありがとう」を連呼した。
心のどこか半分で「いいことしたんだから」と言う思いと、「いいのかぁ?お前」と言う思い。その後の授業なんか頭に入らないくらい動揺していたのは確かだ。


で、その(自己申告上)ゾウ革のバックはしばらく使った。
はっきり言おう。全く私の好みではない。しかし後悔した気持ちを持ちたくなかったから使い倒そうと思って頑張って使った。

帰省でお持ち帰りをしたときに、母の鋭いチェックが入った。
「何?そのバック」
「うん、安かったから買っちゃったの」
「ふ〜ん、いくら?」
「さ、3000円!」
・・・うそつきだ⇒私。でも他にいいようがなかった。悔しいから。
で、こういうバックほど嫌になるくらい長持ちする。
結局しばらく使わなかったらカビが生えてきたので捨てた。しかも物持ちのいい私のこと、それは就職してからの出来事だった。でもようやく解放された感じ。初めてスッキリした。



このバックの話とモデルの話。
微妙に違うがそれぞれの心理を突いて、巧妙に迫る手法は(客観的に考えると)おもしろい。どこで落ちるタイプなのか?しっかりと見抜いてそのアプローチをするという意味では、面白いを通り越して「ためになる事例だなぁ〜」とさえ感じてしまう。
どちらも人になかなか言えない状態を作る。私の場合は「ワシントン条約に引っかかる皮革」、そしてモデルの場合は「採用されないかもしれない=プライドの問題」と言う部分。



人を陥れる、だます等のことはしたくないし、これからもしない。
だけど知らない間に巻き込んでしまったり、巻き込まれたりするコトは残念ながらあるだろう。

ここまできて見ると当時の私にとっては痛い出費だったとはいえ、5千円で済んでいると思えばいい勉強代。
この微妙な設定金額も含め、改めて自戒の念を強くするのであった。
posted by torefoil company owner at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 4F 談話室 -つれづれなるままに- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月09日

夏が来れば思い出す〜 完結編

さて悪夢のようなテスト期間を終了後、待望の夏休みがやってきた。

寮生の夏休みは夏休み初日に一斉清掃をした後やってくる。
汗だくになって部屋の隅々まで掃除。ガラスはもちろん、床や机・テーブル代わりに使っているワゴンなど全てクレンザーで磨き、果てにはゴミ箱まで磨きまくる。
これは夏休み終了後に部屋替え行われるので、次に来る人たちへの心遣いと、約3ヶ月間お世話になった部屋へのけじめの儀式のようなものだ(・・・と今になってそう思える)

それなりに頑張って掃除をし、寮監先生に「終了」の報告と点検依頼。
先生はお忙しいので、副寮監先生との2人体制でチェックをされる。
別に賄賂をお渡ししていたわけではないが(笑)、心なしか上級生の部屋のチェックは甘くしてくださる。先生方からの信頼と安心を勝ち取っていたことと、(今にして思えば)多少早く終わらせて、他の1年生だけの部屋のお手伝いをさせたかったのかもしれない。
実際いつもの年よりも多くの2年生が在寮したので、2年生1人に対して2部屋のお世話係をしていたようなものだった。

余談になるが副寮監のチェックはすごかった。
「完璧!」と思ってお呼びすると、に〜っとしたかと思うと「ここんところ」といってどこからともなく歯ブラシを取り出し、サッシの溝をゴシゴシと磨きだす。「ほら〜」と見せられた汚れは一瞬部屋の住人達を凍らせる。そして黒くなった歯ブラシを手渡され、きれいになるまで磨かせる・・・という、本当の意味ですんばらしく徹底された掃除を余儀なくされた私たち。
そのチェックを頂いてはじめて帰省の準備に取り掛かれるというわけ。

さてその年は珍しく比較的早く終了した私は、いそいそとゆうこちゃんを訪ねた。一緒に映画を楽しんで、その後いっしょに帰省する約束をしていたのだ。
行った先は歌舞伎町。新宿コマ劇場に並ぶおば様方を横目に、話に夢中になって闊歩した。
「そうだ、何時くらいに帰るのか?電話を入れなさいって言われてたんだ」と、近くにあった公衆電話(今や死語?)を見て思い出した私。
任務無事完了。掃除も完璧だし、映画も楽しんだし・・・さて帰るか!と思った瞬間、何かが違った。

「ねぇ、バックどうしたの?」
「へ?」・・・ゆうこちゃんに指摘されて、掃除で汗まみれになった着替えが入ったバックがなくなっていたことに気付く。
「あ゛〜〜〜〜 さっきの電話ボックスだ!」

慌てて戻った電話ボックスに荷物は・・・なかった。

最悪なことに、ここに帰りの新幹線のチケットを入れておいた。
もしもチケットを失くしたら・・・今日の帰省はない。
寮に戻るわけにも行かず(出寮・帰省届の書類を提出していた←そのくらい厳格な学生寮。学生の単純さと寮の厳しさから特例が認められることはないと思っていたし、何よりも食事がないのでひもじくていられない)顔面蒼白、半べそ状態になっていた。

「どうしよう?」
「・・・交番だ!」

そして近くの交番に飛び込んだ。
「バックを公衆電話に置き忘れました!」と、ああこんなところでも(一見)しっかりモノの私がいた。
「名前は?」
「住所は?」
「何が入っているの?」
「どこへ行くつもりだったの?」
・・・まさに訊問。すでにテンパっていたにもかかわらず私の頭は真っ白状態。警官の声も聞き方も本当に怖かった。

後で聞いたところ私は気付かなかったが、ゆうこちゃんはそこに先ほどすれ違った男子学生2人と、見覚えのあるバックがあることにすでに気付いていたらしい。

そして奥から私の目の前に、警官は見覚えのあるバックを置いた。
「ここにいる2人が届けてくれた。お礼を言いなさい」
「ありがとうございます。わぁ〜〜〜〜〜〜〜ん(号泣)」

そのおまわりさんは男の子たちがその場を去った後、先ほどの声とは打って変わって諭すような声で話してくれた。
「入っていた中身が中身なので、(簡単な着替えと新幹線の片道チケット)
 家出娘かと思ったので、厳しく言ってしまった。申し訳なかった。」

・・・冷静に考えればそりゃそうだよね〜 ここは歌舞伎町、時は夏休み。
そういう人たちが多く訪れてもおかしくはないかもしれない。
「中身をチェックさせてもらった」と言われ、急に我に返って赤面。
え〜〜(自分でも嫌だと思う)あの汗臭い着替えをみられた!?

激しく自己嫌悪になりかけたとき、急にフレンドリーに語りかけた警官が。
「そっか・・・S女子大の寮生か・・・。ほんのちょっと前まであそこの管轄だったんだよ。
 ヘンな痴漢が出てただろ?露出魔の。苦情を何度ももらっていたよ。
 夏になると出るんだよなぁ〜 ちょっと収まっていたと思っていたのに。
 結局自分が行ったんだよなぁ〜。しばらく見ないだろ?
 行くべきところに連れて行ったからさぁ〜」

・・・そっか・・・結局警察のお世話になったんだなぁ〜、あのおっさん・・・と、妙な感慨に浸り、頭をなでられるように(実際にそんなことはされてないけれど)して交番を後にする。
なんだかどっと疲れて、本当はもっと遊んで変える予定を早めに切り上げた(ような気がする・・・)。


家出娘と間違えられたのもショックだけど、かばんの中身を見られたほうがもっとショックで口数も少なくなった私。何とか気を盛り上げようと、いろいろと話してくれたゆうこちゃんの表情が懐かしい。(話の内容は覚えてないけど⇒ごめん!)
もしかしたら渦中の痴漢親父のお蔭で、おまわりさんにちょっとだけ親身になって面倒を見てもらったんだなぁ〜と、今書いててそう思っている。


学校の開始は10月から。
その前日に露出魔親父の顛末を、寮内に広めたのはこの私。
破竹の勢いで広まっていったのは、想像に難くないことだろう。もちろん、噂を広めた当の本人が家出娘に間違えられた事実は語られることはなかった。


今は昔、これもまた実話である。
posted by torefoil company owner at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 7F 好奇心の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月08日

続 夏が来れば思い出す〜

後輩に連れられていったところ。そこは葵寮のトイレの中。
「いいですか?先輩。こっそりと除いてみるのが肝心なんです。
 こちらの気配を気取られてはいけません」
「?」

こっそりと指定されたところへ行き、指定された場所から指された方向を見ると・・・
そこには人の影が。そして一点だけが明るく照らされている。
「あれがどうしたのよ」
「だからあれですよ〜 よく見てください!」

近眼だった私は何がなんだかわからなかった。眼鏡を持っていかなかったのが悔やまれた。でもその後悔はすぐに後悔じゃなくなった。
聞けば向かいのアパートに住む男性が、自分のイチモツを闇夜に紛れて(ないってば!)照らし出していると言うではないか!
「はぁ〜? あんた達、こんなことで騒いでいたの?」
「だって先輩、すごいじゃないですか?ず〜〜っとやっているんですよ」

確かにず〜〜っとやっているすごさは認める。
でも何が悲しくて自分のイチモツを見せるのだ?

最初は夜中だけのことだった(らしい)。それが徐々に消灯(22:00)後すぐの出来事になり、結局点呼(21:00)前後から照らし出すようになっていた。
文字通り雨の日も風の日も、一日も休まずに。そしてこの手の人の行動にありがちな感じでコトは進み、こちらが騒ぐとますます「喜んで〜♪」とばかりに、方向転換までして診せてくれる。彼もきっと興奮状態になっていたのだろう。(あ〜あ、タダの子供の心理)。
最後の頃は「今休憩だよ」「トイレに行ってくるから待っててね☆」なるボードまで用意され、日がなイチモツ照らし出しに精出していた男性。そしてその懐中電灯の光り具合も、月日とともにパワーを増していった(らしい)。そんなに自分のイチモツに自信があったのかぁ?⇒お前〜

最悪なことにその男性、実は妻子持ちとのことが後から判明する。
妻子がいて夜な夜なベランダに出て、自分のイチモツを照らし出す。
だんだんとその時間は長くなり、終いには平日昼間からベランダに出てこちらの様子を伺っている始末。
もし自分のダーリンがそんな状態だったとしたら・・・ああ、耐えられない、そんなヤツ!!

程なくしてそれは寮監先生の知るところとなり、彼の姿は見えなくなった。
夏のテストの終了とともに彼も玉砕したのだろうか?・・・


そしてその結末は、意外なところで知るところとなる・・・(続く)
posted by torefoil company owner at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 7F 好奇心の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。