2006年07月26日

とある雨の週末・・・

Bettyさんのブログを見てたら思い出した話。そう、あれは○年前・・・・

当時私は花の女子大生。
「オールナイトフジ」という番組を通して、女子大生がもてはやされていた時代。
上京したての田舎娘にとって、東京の夜は未知の世界。
そんな娘の目を引いたのは「ディスコ」という文字。
ある意味憧れにも近いその店に、華やかなネオンに吸い寄せられる夏の虫のように、ひたすらチェックを入れる私がいた。

「行ってみたい!」という願望を胸に秘め、一緒に行きそうな友人を探すことしばし。
実はここに秘密があり、当時自宅生の友人と一緒に行くわけには行かなかった私。
ここまでお付合いくださった皆さんはよくお分かりだと思うけど、私は門限にうるさい寮生。
タダの門限じゃないその時間。平日は19時、週末は21時!
おまけに外泊はあらかじめ届出があった宿泊先のみ許可。しかも月2回(帰省を除く)

人というのは不思議なもので、制約があればあるほど羽目を外して振舞いたがる。ダメといわれればますます火がつくというもの。
当時の私もまさにそれで、とにかく「東京でしか味わえない」をキーワードに、何かの体験をしたかった。今となってはソレ=ディスコ、というのも情けない話だけど、そこは若気の至り。
とにかくディスコへ行ってみたい!ということを、だれかれとなく捕まえては口にしていた。

「じゃあ、一緒に行こうか?」と声をかけてくれたのがMika。
その時はダンパデビューだったと思うのだけど、とにかくディスコデビューだわ!
KOKOと3人で、六本木の駅で待ち合わせをして参加。初めて行くその場所のあの大音響は、それまでの私の世界にはありえなかった。
きらめくライトの下で、大声で話をして身体を動かす・・・それだけでいろんなストレスが発散されるのを感じた。


・・・で、どうしたか?それから1ヶ月に1度は必ずお出かけ。
なぜに1ヶ月に一度か?それは明らかに時間的な問題。
週末に一緒に行く寮生を探し出し街に繰り出すのだが、渋谷センター街にあるお店でも20:15には出なければ間に合わない。(渋谷20:32が最終)
これが六本木となると、20:00には駅に向かっていなければいけない。(確か六本木最終は20:10くらいだったか?)
そこから逆算するとオープンと同時に入店(しかも17時台オープン店に限る)しないとどうも割に合わない。

ある雨の週末。
どしても六本木に行きたくて例のごとく友人と繰り出した。入店。
・・・案の定、誰もいない・・・

無人のフロアにはいるのは、かなりの勇気が必要。気を落ち着けるためにフリードリンク・フリーフーズで腹ごしらえをしてお喋りしていると、すぐに時間なんて過ぎてしまう。
空しく時が流れていく中、無人のフロアに流れていたのはガゼボの「アイ ライク ショパン」
外の雨はひどいんだろうなぁ〜とぼんやりと思う中、ず〜っとその曲を聴いていた。
結局ダンスフロアに入っているのは30分程度。一体何しにいったんだろう?(笑)

そして帰り道。靴の中までぐっしょりと濡れるくらいの道をひたすら走る私達がいた。
青春とはこんなものさ、の声を背後に感じながら、まだまだ無限にあると思っていた時間を謳歌していた。



今でも時々今頃の季節になると、心の中のジュークボックスが「アイ ライク ショパン」を奏でる。
まだレコードの時代、それは六本木の駅もまだ配管が目立つ汚い駅だった頃。それから程なくして、「おニャンコクラブ」の女子高生が台頭するちょっと前の懐かしい話でもある。
posted by torefoil company owner at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 9F 屋根裏部屋 -大切な思い出- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そういえば行ったね〜。
あの頃は「ディスコ」だったんだよね。

チークタイムは、
お互い壁の花でしたね・・(遠い目)
Posted by みくん at 2006年07月26日 11:52
 行き先が六本木って、勇気あるね。
 私達はせいぜい渋谷だったな。
 いわゆるユーロビートの出始めの頃?だったっけ?
 自由奔放な、バカ音響の薄暗い空間が刺激的だったわ。

 『オールナイトフジ』、あったねー。
 高校の同級生が、とんねるずの舎弟とかいうコーナーにレギュラーで出てました。
 大学に入ったらジャニーズ事務所に行くと言っていた彼だったけど、法政を出た後は、地元の銀行員になりました。物凄い違い。
 ゴム長をはいて偶然局にも来たことがありました。預金獲得に。
Posted by たけちゃん at 2006年07月26日 13:26
 行き先が六本木って、勇気あるね。
 私達はせいぜい渋谷だったな。
 いわゆるユーロビートの出始めの頃?だったっけ?
 自由奔放な、バカ音響の薄暗い空間が刺激的だったわ。
Posted by たけちゃん at 2006年07月26日 13:27
 ごめん、2回載っちゃってるよー!
エラーと出たので、も一度クリックしちゃいました。
Posted by たけちゃん at 2006年07月26日 13:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。