2006年09月26日

何を見るか?

お嬢様が算数のテストを持って帰ってきた。
先生からのおたよりによると全問正解者はなかったとのこと。しかもよく見れば1年生でもわかる問題だと言う。
そこでお嬢様の宿題は「この問題をお家の人と一緒にやってください」と言うものだった。

図解できないので口頭で説明するが、いわゆるモービルのような絵がかかれており、ABC3つのおもりがついていた。Aが左側。B&Cが2個ついて右側についていた。BとCはBの方が下がっており、そのまた上の図ではAが下がっていた。

つまり式にすると A>B>C になる。

その下の問題はA&B、C&Dの問題。A&BとC&Dはつりあっていた(バランスをとっていた)その下のCとDを見るとつりあっているのだが、AとBの間ではAの方が下がっていた。

これを式にすると A>B,C=D A&B=C&D ということになる。

バランスも習っていないのに、こんな問題が出たのか?と思いつつ、とりあえずお嬢様への確認作業から入っていった。


私「ねぇ?この問題、どうやってわかったの?ママに教えてくれる?」
娘「あぁ、これね。こっちとこっちを比べたら何となくこっちが重いかな?と思って・・・」
私「ふ〜ん。じゃあ、こっちはどうなのかな?」
娘「こっちの方が下がっているような気がしたから」

・・・コイツ、全く理解してないじゃないか!

で、この問題を親が教えなさい、ときたもんだ。
そこには、ない頭をひねりまくりの私がいた。

私「だからさぁ〜、こっちとこっちで重い方が下がるのね」
・・・無理だぞ〜想像だけでなんかわかりっこないってばぁ〜
そんなインナーヴォイスと戦いながら、さらに進める。

私「シーソーを考えてご覧?重い方が下がるよね?」
・・・う〜ん、我ながらいいアイディアだわ。しかしお嬢様の目が泳ぎだした。
こりゃダメだわ〜 そこで再度考えた。

私「この絵のCとDはHARUとMAYUちゃん。こっちのAはMarちゃん、CはRURUたん。
  HARUとMAYUはCとD。
  MARちゃんはA、RURUたんはB。じゃあ、実際の年齢を入れて考えてみよう。
  HARUとMAYUちゃんは同じ1年生だからこっちのCとDで同じ7が入るね。
  こっちはMArちゃんA、RURUたんB。
  よく見てごらん?この絵はそういう式で表すことが出来るんだよ。
娘「こっちがHARUとMAYUちゃんね。こっちがMarちゃんとRURUたんね。」

私「二人たちの年齢を足すといくつになるの?」
娘「HARUたちは7歳だから、7+7で14、Marちゃんたちは11+3で14かな?」

私「どっちも同じでしょ?シーソーと同じで、同じだとつりあっているし、  どっちかが重いと下がるのね。ここまでは大丈夫?」
娘「うん」

私「じゃあ次ね。小さい方はどうかな?」
娘「HARUとMAYUちゃんのは同じだからそのまま。Marちゃんの方が下がっている」

私「そうね。じゃあABCD、どれが一番重い?」
娘「Marちゃん」
私「・・・だから? Aだよね?」

・・・あ〜あ、最後の最後にやっちゃった。
Aは娘に言わせなければいけなかったのに・・・(号泣)

もう1つ反省を言えば、
「大きい方から見ていこうね」と最初に言ってしまったこと。
実際に実験して見せるわけには行かなかったから、体験よりも知識を先に入れてしまったのは残念。出来ればデモンストレーションとして見せてあげればよかった。


ここまでで感じたことが2つ。
1つは「大きい方から見る」と言うのは、いろんなところで学んで痛んだなぁ〜ってこと。なのに私はどうも細部からこだわっていく。
物事の大局を見る、とよく言われるけれど、自然の法則としてあるんだなぁ〜と改めて気付く。

それからもう1つ。コーチングって本当に難しい。
先生方のご苦労がよ〜くわかったこの数分間。
親の威信と名誉にかけて、こりゃ昔を思い出して頑張らねば☆と心に誓うのであった。
でもね、先生・・・お願いだからもう少し簡単な問題にしてくださいね☆
posted by torefoil company owner at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 5F coachの部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。