2006年09月21日

久しぶりの本屋さん

お約束してたつもりのことがNGになってしまったので、ぽっかり空いた時間に本屋さんへ。
普段行きなれていない本屋さんだったこともあるのでしょう、本に圧倒されて帰ってきた。

こうして改めて私の好きな本屋さんを考えてみると、私好みのところは広めのところと言うことがわかる。
なぜ広め?それは本に圧倒されてしまうから。

せっかくの久しぶりの本屋さんだったので、自分の読みたい本を探そうと思ったら見つからない。
なぜ見つからないのか?今になって冷静に考えてみると、どの本も主張していたから、と言うのもあるなぁ〜と。
みんなどの本も「私を読んで」のオーラが感じられた!(オマエは江原さんか!?)
終いには文庫&新書のコーナーにいるだけで疲れてしまった私。正直今まで感じたことのない圧倒感だった。・・・疲れた。

そしてすぐに雑誌のところへ。
こちらはすでに「どーでもいい」(おいおい、そんなこと言っていいのか?)と言う感じがして、手に取る前から捨て本の体をなしてて(ああ、こんな言い方、ごめんなさい)手にさえ取らずに眺めてた。
また同じようなテーマで、ここに書かれているものを否定するような記事になって、これらの雑誌が再登場するのかなぁ〜と思っちゃった。

結局何も買わずに帰ってきた。(ああ、残念☆)


最近はもっぱらamazon派の私。
読みたい本の情報だけを集めて、そこに取りに行く形態になってきている。
本来自分の形態でないことを知りつつも、こうして本に圧倒されて何も選べないでいる自分を思うと「こういう時期もあるさ」って思うしかないね。

かくして積読は続く。
秋の夜長、たまにはゆっくりと読書を楽しんでみたいものだ・・・
posted by torefoil company owner at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 4F 談話室 -つれづれなるままに- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。