2006年09月08日

続 夏が来れば思い出す〜

後輩に連れられていったところ。そこは葵寮のトイレの中。
「いいですか?先輩。こっそりと除いてみるのが肝心なんです。
 こちらの気配を気取られてはいけません」
「?」

こっそりと指定されたところへ行き、指定された場所から指された方向を見ると・・・
そこには人の影が。そして一点だけが明るく照らされている。
「あれがどうしたのよ」
「だからあれですよ〜 よく見てください!」

近眼だった私は何がなんだかわからなかった。眼鏡を持っていかなかったのが悔やまれた。でもその後悔はすぐに後悔じゃなくなった。
聞けば向かいのアパートに住む男性が、自分のイチモツを闇夜に紛れて(ないってば!)照らし出していると言うではないか!
「はぁ〜? あんた達、こんなことで騒いでいたの?」
「だって先輩、すごいじゃないですか?ず〜〜っとやっているんですよ」

確かにず〜〜っとやっているすごさは認める。
でも何が悲しくて自分のイチモツを見せるのだ?

最初は夜中だけのことだった(らしい)。それが徐々に消灯(22:00)後すぐの出来事になり、結局点呼(21:00)前後から照らし出すようになっていた。
文字通り雨の日も風の日も、一日も休まずに。そしてこの手の人の行動にありがちな感じでコトは進み、こちらが騒ぐとますます「喜んで〜♪」とばかりに、方向転換までして診せてくれる。彼もきっと興奮状態になっていたのだろう。(あ〜あ、タダの子供の心理)。
最後の頃は「今休憩だよ」「トイレに行ってくるから待っててね☆」なるボードまで用意され、日がなイチモツ照らし出しに精出していた男性。そしてその懐中電灯の光り具合も、月日とともにパワーを増していった(らしい)。そんなに自分のイチモツに自信があったのかぁ?⇒お前〜

最悪なことにその男性、実は妻子持ちとのことが後から判明する。
妻子がいて夜な夜なベランダに出て、自分のイチモツを照らし出す。
だんだんとその時間は長くなり、終いには平日昼間からベランダに出てこちらの様子を伺っている始末。
もし自分のダーリンがそんな状態だったとしたら・・・ああ、耐えられない、そんなヤツ!!

程なくしてそれは寮監先生の知るところとなり、彼の姿は見えなくなった。
夏のテストの終了とともに彼も玉砕したのだろうか?・・・


そしてその結末は、意外なところで知るところとなる・・・(続く)
posted by torefoil company owner at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 7F 好奇心の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。