2006年04月30日

GWなのに・・・?

・・・はい、今日はお仕事してきました。
皆さんでこれから行うことの内容を詰めること。
私たちの仕事って一匹狼状態が多いので、仲間で何かを行うというのは
かなり珍しい機会であり、とても楽しいことなのだ。

4時間に渡っていろんなことをディスカッションして、徐々に形が見えてきた。
それを元にまた集まってディスカッションする予定。


ところで昨日の話。
ちょっとまとまった時間ができたので、「モモ」を読んでいた。
この本は私がお習いしていたピアノの先生が大好きな本で、その当時
(中学生〜高校生の頃)強く勧められていた本だった。
当時は結構本が好きでいろんな本を読んでいた時期だというのに、この本
だけではとにかく読む気になれず、先生から2ヶ月もお借りしていたのに
結局ページを開けずにお返しした覚えがある。

そしてなぜこの本がここにあるのか?今ひとつその理由はわからないのだけど
(多分妹が買ったのだろう〜と思いたい←まさかお返ししていない・・・?)
とにかく読み始めた。

この本をすでに読んだ方が入ればお分かりだと思うけど、本当に現代社会に
警鐘を鳴らしているような、そんな哲学的な暗喩がされている本。
例えば「ビビガール」が出てくる場面は、今の子供たちがはまっている
カードゲームやDSゲームなどを想像してしまう。

また、ジジの成功談(といえるのだろうか?)は、人であれば作られた
アイドル(例えばモー娘。といった類の)、人に限らなければTDLなどの
施設を思い出してしまう。
ベッポじいさんの様子は、現代社会に生きる誰かの姿に思えてならない。
灰色の男達は、さしずめ現代社会に生きるサラリーマンの姿なのか?

どうしても読む気になれなかったあの時期を振り返ってみると、あの時
無限の時間に生きていた自分がいたような気がするから不思議。
考えなくていい社会は、ある意味楽。
だけど本当にそれが幸せに繋がることなんだろうか?


今私はコーチングに携わっている。
扱うテーマの中には、タイムマネジメント、ミーティングマネジメント、
研修の中では「相手と早く信頼関係を結ぶスキル」など、効率化に関わる
ことも扱うのだが、残念なことに時々心を置き去りにしている人と出会う時がある。
それもその人の中にある時間の1つなのだろうけど、自分の中の何かを
搾り取られていく感じというのは否めなかった。

この本を読んで感じたこと。
これからの私の中で熟成されいい味に醸し出された頃、皆さんに美酒として
振舞うことができたらなぁ〜と思う。これからの私にご期待ください。


追伸:
 今ではもう会うこともないあの人。
 その人にこの「モモ」本を薦めたい。(きっと読まないだろうけどね〜)
posted by torefoil company owner at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 5F coachの部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月29日

今日から!

いわずと知れたゴールデンウィークの始まり!
・・・といっても私の場合、GWとはあってもないようなもの。
サラリーマン以外はあんまり関係ない、といってもいいかもね〜

・・・で、なにがGWか?といえば、「とりあえず寝坊できること」
日曜以外は四季を通して6時起床の我が家なので、寝坊が許されると思っただけでありがたい。
そういうわけで今朝は、堂々と7時半起床

だけど冷静に考えたら、やることが満載のこの週末!
やっぱり「いつものペースを守る」ということが大事かも(涙)
posted by torefoil company owner at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 5F coachの部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月28日

近頃のお子様問題

うちのお嬢様は今年になって「ポピー」を始めた。
それについてきたのが「動物博士に挑戦!」という問題。
問題は全部で50問。友人や家の人に相談したり、本で調べてもOKという。
・・・で、熱血(というよりも、単なるクイズ好き)のママとしては燃えないわけには行かない(というよりもかなり燃える)

早速取り掛かってみたところ、これが思いのほか難しい。
というわけで、ここでいきなりカルトクイズ〜☆

1.シロアリの巣に、小枝を入れて釣りをするのは?
  (1:ゴリラ 2:オランウータン 3:チンパンジー)

2.毒のトゲのない魚は?
  (1:ミノカサゴ 2:オニオコゼ 3:ヤリガレイ)

3.生まれるとすぐ、草むらに隠れるのは?
  (1:ノウサギ 2:リス 3:キツネ)

4.オスのおなかにあるふくろで、卵からかえって育つ魚は?
  (1:マンボウ 2:タツノオトシゴ 3:フグ)

5.子供を口に入れて育てる魚は?
  (1:メダカ 2:ピラニア 3:アロワナ)

6.ダチョウの卵を、石で割って食べる鳥は?
  (1:コンドル 2:ハゲコウ 3:エジプトハゲワシ)

7.ゾウの歯は、何回生え変わる?
  (1:生えかわらない 2:1〜2回 3:5〜6回)

8.ハリセンポンという魚。針は何本?
  (1:約100本 2:約400本 3:約1000本)

9.キリンの睡眠時間、一日どのくらい?
  (1:約20分 2:約8時間 3:約15時間)

10.えさをまいて魚をおびき寄せて、捕まえる鳥は?
  (1:カワセミ 2:ササゴイ 3:ウミウ)

・・・今回はネット他で調べたモノを載せてみました。
あなたはいくつできるかな? 




続きを読む
posted by torefoil company owner at 23:18| Comment(4) | TrackBack(0) | 6F 子供部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月27日

窓から見える風景

我が家の2階、つまり私の部屋から見える風景。

DSCF0002.JPG

ご覧の通り、目の前に桃畑が広がっている。
今はいいけど夏の時期になると桃の色づきをよくするために、木の下一面に銀の反射シートが敷き詰められる。
だから、というわけじゃないけど熱い(←この字、ぴったり☆)猛烈に暑くなる。

しかし元はといえばここは田んぼだった。
幼い頃はこのあたり一面田んぼだったので、何がすごいって2階に上がってきて朽ち果てたカエルのミイラがすごかった。
ああ、ミイラの前に「カエルの合唱」だわね。本当に毎年すごかった。

しかしカエルのミイラも本当にすごかったし、虫も半端じゃなかった。
当時は今のようにクーラーもなかったから、窓を開けていたので虫の入りもすごかったしね〜

・・・で私はどうしたか?夏の暑い時期だけは朝方人間になるのだ。
朝の3時ごろからゴソゴソと起き出して、虫とカエルの声のないところで
朝のちょっとだけひんやりした空気を楽しみながら、自分の時間を過ごす。
(殆ど勉強だったけどね〜)

しかし今じゃこの部屋にもクーラーがついたし、水田も↓の写真の通り遠くに行ってしまった。(つまり水田を行う農家が減ったということか?)

というわけで、目の前の桃の花を見て「春だわ〜」と満喫し、眼下に広がる水田を見て「初夏〜秋の実り」を感じ、↓の桃の木の向こうにある木は実は柿の木。というわけで、このオレンジの柿を見て晩秋を感じている。そして今日は見えないけれど画面右の奥には吾妻連峰が広がり、ここで冬の到来を知る。 DSCF0003.JPG

ついでに説明すれば、画面遠くに見えるちょっと小高い丘のような山が「信夫山」盆地の中にある、なべぶたのような山。
この山の散策道が、「歩こう〜歩こう〜、私は元気〜♪」でお馴染みの「となりのトトロ」のテーマ曲となっているらしい。

お国自慢ついでに「我が家の窓から見える風景自慢」をしてみました。
たまには許してね〜♪


今日の私
posted by torefoil company owner at 21:37| Comment(4) | TrackBack(0) | 1F フロント お部屋の希望は? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月26日

ご自慢の・・・

pic_0145.jpg

pic_0146.jpg



わが町ご自慢の桃畑。
この桃畑が見渡す限り続いていきます。

ここは川のほとりにある桃畑。皇太子ご夫妻がいらしています。
これだけついた花なのに、摘花作業をして花を取り除き、大きな桃に育つ
モノだけが残されます。
写真には写ってないけど、早速その作業をしてました。
夏に向けて、農家の方々は作業を着々と進めているのです。

そして福島のおいしい桃が出来上がります。
故郷自慢もたまには・・・ネ☆
posted by torefoil company owner at 23:15| Comment(6) | TrackBack(0) | 1F フロント お部屋の希望は? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月25日

17歳バトン

みくんのところから拾ってきました。 ☆17歳バトン★


★17歳の時、何をしていた?
  友人達とのお喋り、お喋り、お喋り・・・

★17歳の時、何を考えていた?
  「つまらない大人にはなりたくない!」

★17歳で遣り残したことは?
  勉強と男友達を作ること

★17歳に戻れたら、何をする?
  とにかく本を読みたい! そして勉強したい!!
  さらに「17歳の夏休み」を堪能したいと思うのです。

★17歳に戻っていただく5人
  ツボイさん、やまちょさん、hirokoさん、ユウさん、Bettyさん
  どうぞよろしく♪
posted by torefoil company owner at 21:16| Comment(8) | TrackBack(0) | 9F 屋根裏部屋 -大切な思い出- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月24日

バトン とん とん

ツボイさんのブログから拾ってきてしまいました。
・・・というわけで始まり、始まり〜〜

1.好きな音楽のジャンルは
  結構何でもスキです。よくわからないままに聴いているのかもね☆

2.好きなあーてぃすとは、きっかけになったバンドは
  小田和正、槇原敬之、中島みゆき・・・ 詩に共感できる人が好き。
  それから諏訪内晶子さん、Yoyo-Ma。特に諏訪内さんは大好き。

  バンドね・・・バンドじゃないけど佐野元春(なぜか?彼は「くん」呼び)
  原田真二を聞いたことで、それ以降のロック系アーティストへ広がる
  きっかけになってます。

3.あなたのキラーアルバムは
  元春くんのアルバム。SOMEDAY・VISITOR・Cafe-Bohemia、そして
  NIAGARA TRIANGLE Vol.2 。原田真二の「Modern Vision」も。(笑)
  そうそう、山下達郎の「Big Wave」にもやられました。

4.これだけは聞いておけ
  NIAGARA TRIANGLE Vol.2の佐野くんの曲、

5.ライブ派CD派
  ライブは好きだけど後を引くのがちと辛い。
  なのでCDを車の中で聞くのが好き。

6.カラオケに必ず歌う曲は
  最近行ってないので歌えないと思う・・・(泣)

7.あなたにとって音楽とは
  風や空気のようなもの。そのくらい身近なところにある。

8.何でもいいから叫んでくださ〜〜い Let's shout!!
  うぉ〜ぉお、さ、輪になって踊ろ☆

9.次の5人へバトン渡す
  ご覧になった方、Let's Try!!

posted by torefoil company owner at 08:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 7F 好奇心の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月23日

Dance! Dance!! Dance!!!

今日はクライアントさんのダンス発表会の日。
昨年彼女の踊りを見てからというもの、私はすっかり彼女のダンスの
ファンになってしまった。
ということで、今年は昨年以上に楽しみにこの日を迎えた私。

お嬢様のトイレの準備も万端に、2階席のなかなかいいポジションを
陣取り、その瞬間を待ちわびた。

それはまぁ〜見事な群舞に始まったオープニング。
私の場合どんなにぼんやりしていても、すぐに彼女を見つけるという
ある種ストーカー的な(!)特技を持つ。
案の定すぐに彼女を見つけてからは、とにかく眼が離せなくなってしまい、
群舞の堪能どころではなくなってしまった。

正直ダンスのことは良くわからないけど、見ていると上級〜研究科クラスの
人たちの踊りは、とにかく伸びやかさが違う気がした。
ジュニアクラスの、いわゆる少女達のダンスというのは、とにかくはじける
元気のよさが売り。
大人の人からは感じることのできないパワーがみなぎっている。

そして全般的に大人の人たちの踊りは硬い。
特に最初の方はガチガチになって踊っているせいか?こちらにも緊張が
伝わってくる感じがした。
しかしそのうちに特にセンターの方々の硬さが取れ、伸びやかさがでてくる。
それに比べてバックの人たちの硬さの取れはイマひとつ。
この辺りが慎重や他とのバランスに加えて、センターとバックの位置の
決め手かな?と思えるのだが・・・?真偽の程はいかに??

彼女のダンスは色気がある。
そしてタメとでも言うのか?ダンスの後の余韻がうつくしいと私は思う。
一番顕著だったのは、彼女も好きだといっていたバラード調の曲のとき。
もともとのスタイルのよさに加えて、それを存分に生かしきっている様子が
とても美しかった。

・・・ここまで書いて思ったのだけど、上級クラスの人たちのダンスを見てて
強く感じたことがある。それは自分の身体がどの程度動くのか?それを
よく知り尽くして表現していること。
だからお互いに遠慮しているなんて、見ているこちらが感じない。
堂々と自分の表現を自分の身体というツールを使って表現しているのだ。
一方中級クラスの人たちの硬さの中には、自分たちの表現の限界(なのかな?)が
よくわからないままでダンスをしているような、そんな窮屈さがある。
もっと伸びやかにしてもよさそうなのに、「私遠慮してますから・・・」という
エクスキューズが見え隠れする。
(それがちょっとしたもどかしさにもなるのだけどね〜)

というわけでお嬢様の散々の邪魔にもめげず、2時間半のショータイムを
堪能した私。久々に「美しいものを見た」そんな麗しい気分になっている。
次のセッションでクライアントさんから出演秘話を聞くのが楽しみ。

今日は本当にお疲れ様でした。
ゆっくり休んで疲れを取ってくださいね☆
posted by torefoil company owner at 20:49| Comment(3) | TrackBack(0) | 2F 宴会場 -社交広場- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月22日

位置確認

今日はミヒロさんのセミナーの日。
「魔法の質問」出版記念のワークショップと銘打って、お疲れのところ
わざわざ山形からいらしていただいた。

ミヒロさんのワークショップは(私が言うのもなんだけど)面白い!
何がいいって、参加者一人一人をとても尊重してくださっている姿勢!
私は彼の不思議な雰囲気、それは決して「怪しい」というものではなく、
彼のオーラの中に入ってくような、そんな雰囲気が気に入っている。

今回申し訳ないことをしてしまった方が1人。
その方はもう何度かお目にかかっている方だというのに、今回はなぜか?
違う名前での「刷り込み」をしてしまったようで、ご本人を前に何度か
「Yさん」を連発してしまった私。
本当は「Sさん」だというのに・・・(号泣)

ま〜以前「渡辺さん」事件もある前科モノの私。あちらはほぼ2年半も
連日顔を併せていながら、「渡辺さん」と呼んでしまってたけど
(本当は「吉田さん」)今回はわずか1日。
ま〜許してもらえるだろう・・・と、勝手に解釈している。
(ごめんね、Sさん)

心満たされた後の充実感は、何事にも換えがたい。
そしてどなたかとのジョイントセミナーを行うと、今の自分の立ち位置や
実力の度合いが良くわかる。

あ゛〜〜今日も良くやった(私!)
背伸びしないでありのままを出すことができたと思えるのは、私にとって
何よりの喜びだったりするわけで・・・
今日一日、松田さん、ご参加いただいた方々、本当にありがとうございました!

松田さん、懲りずにまたぜひ福島にいらしてね☆
posted by torefoil company owner at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 3F 研修室 -学びの部屋- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月21日

名簿に見る性格あれこれ

今朝一番に速達で届いた郵便物。
中を明けてみたら同窓会から届いた、クラスメイトの名簿だった。
2月に上京した折、現幹事役の目が泳ぎだしたのを見て、放っておけず
参戦したってわけ。

届いた名簿は懐かしい名前のオンパレード!
今は結婚後の苗字になっているためか、順番はバラバラになっているものの、
それでも懐かしさを誘うには充分のものだった。

ここでちょっと注釈。
自慢じゃないけど私、クラスメイトの中でもかなりの人たちと未だに連絡を
取り続けている方だと自負している。
その私が見ただけでも、更新がなおざりにされている名簿だと思った。
・・・これじゃあ連絡がつかなくなる人たちが出てくるわけだ!

そこで改めて名簿をじっくり見てみると、律儀に住所&氏名変更している人、
あえて?実家の住所を記載していると思える人、
意外にも全くそのままの人(何の変更もしていない人)
実家ではなく、自分の連絡先を同窓会に報告している人

・・・まぁ、知らなかった性格の一部がチラリと見え隠れ。
前職の経験からか?こんなところからも人の性格や行動パターンを
読んでしまう悲しい性だわ☆

ところで・・・
クラスメイトは全部で61人いたはずなんだけど・・・?
60人しかいない??
・・・???あ゛〜〜〜Moto-chanが抜けてる!!
あれ?改めて考えるとクラスメイトって全部で63人じゃなかったっけ??

それからYuki、Emi、Moroの住所なんか、抹消されているもんね!
どうしちゃったのよ〜〜!!

何だか笑えなくなっちゃった。
仕事が増えそうだわ〜〜


22日にわかったこと
posted by torefoil company owner at 21:19| Comment(6) | TrackBack(0) | 9F 屋根裏部屋 -大切な思い出- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月20日

ココピと遊ぶ

最近また妙なものには待ってます。
それはココピ

Postpetと同じようなものなんだろうけど、このオトボケ感がなかなか気に入ってる。
友人に紹介しようと思うのだけど、Macユーザーだったり、
「乗ってくれるかなぁ?」と懸念したり・・・

とりあえず興味のある方、ご連絡ください。
紹介すると双方にプレゼントがもらえるらしいよ〜♪
posted by torefoil company owner at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 2F 宴会場 -社交広場- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月19日

セッション風景

今日は特別セッションの日。
今日は「今年度の仕事」について考えてみることに。

コーチ(以下「コ」) 「今年度の仕事の話、ですか?」
私 「・・・十年後に繋がる展開を含めて話していきたいと思います」

出だしから「ほぅ〜」と、我ながら思ってしまった。
口にしてみて初めて「私、そんなこと考えてたんだぁ〜」って思った。

コ 「どんなことがあるのか?羅列してください」
私 「○○の仕事、××の仕事・・・」
コ 「それらをどうして行きましょうか?」
私 「?」
コ 「内容を深める・レベルを挙げる・回数を増やす・・・などがありますね」
私 「あぁ、そうですね・・・内容を深めることを考えていきます」

コ 「では内容を深める、とは具体的にどうしていくことですか?」
私 「レベルを上げていくことです。
  体験ワークの種類を増やしたり、考え方の切り口を増やすなどかな?」
コ 「では、どれからやっていきましょうか?」
私 「・・・あぁ、そうやって考えると、どの仕事に集中していくか、とても
  明確になってきます。○○と××を強化したいですね」

コ 「それらを強化するのには、必要なものはありますか?」
私 「・・・インプットを多くする、ということを考えています。
  具体的には来月から講座に参加することを考えていました。」
コ 「講座に参加することはとても有意義になってくるわけですね。
  ではownerにとって仕事の中で、一番大事なものは何なんでしょうか?」

私 「家族との時間のバランスを取ることと同時に、自分の中でインプットと
  アウトプットのバランスを取ることかな」
  (以下、具体的な内容について、感じていたことを話す)


こんな風にセッションが続きました。
実はまだ続きがあるのだけれど、話してみて初めて気づくことが多く
「はぁ〜、私ってこんなこと考えていたんだ」と発見することばかり。

今回の成果は今年度の仕事について、分類とメリハリができたこと。
何に重点を置いて内容を組み立てていくのか?
どういう方向性で行くのか?ちょっとだけ見えた。すんごい発見だった。


たまに頭の棚卸。大きな機動力に繋がります。
ownerのオススメ! ぜひ試してみてください!
posted by torefoil company owner at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 5F coachの部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月18日

久々のドラマ

ハマッてしまいました。久々のドラマ。その名も「優しい時間

・・・皆さんお気づきだと思いますが、「いまさら」です。
実際の on air はとっくの昔に終了してたので、再放送でハマッた私。

ここ福島で放映される16時台のドラマは侮れません☆
それですっかり夢中になったドラマって、結構あるものですから☆

公式HPは終了したようだけど、ここで示したHPは個人サイトなので逆に
残っていたらしい。それでもしっかりと堪能できたのはうれしい。

というわけで、今はすっかりその余韻に浸りきってます。
マジでドラマのシナリオ集とか、DVDなど考えてます。
いいもの、見せてもらいました。
posted by torefoil company owner at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 8F ownerの部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月17日

唖然・呆然・・・

本当に久しぶりにマイコーチからメール。
何だろ?と思って開けてびっくり!
「今日セッションじゃなかったですか?」

!!そうです。すっかり忘れて転寝してました。

あ゛〜〜来週まで時間が取れない・・・ _| ̄|○(号泣)
posted by torefoil company owner at 23:50| Comment(0) | うっかり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月16日

ダブルヘッダー

今日は福島と郡山のダブルヘッダー講座の日。

講座の日というのはいつも緊張〜しますね☆
何を伝えたいのか?何を得て帰ってもらいたいのか?
それが自分の中で明確になっているものの、いろんなことがスコ〜ンと
抜けてしまいます。

今日もやってしまいました〜☆
でもそんなことをやってしまったのも私。できることしかできません。
等身大以上には見せることができないから、身の丈丁度いいのかもね☆

夢中で1日を過ごして家に戻ると、私の帰りを待ちわびていたお嬢様が
出迎えてくれました。
たくさんの収穫があったよ〜〜とご報告。とってもうれしそうだった。

今日は高速道路でスリルとサスペンス(!)気分満点のアウディ印の
ジェットコースターに乗ることができたし、
久しぶりにクライアントさんやコーチ仲間と会うことができた私。
お嬢様に言うまでもなく、本当に実りある一日でした。

さあ!これから宿題を頑張らねば☆
posted by torefoil company owner at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 3F 研修室 -学びの部屋- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月15日

山形へ

突然だけど山形へ行ってきました。
今年は祖母の命日に行くことが叶わなかったけど、
曾祖母と祖父の命日が近いことと、お嬢様の学校が始まったこと、
そして私も週末に時間が取れなくなることから急遽行くことになったわけ。

昔はかなりの時間を要していたけど、今は山形道ができたお蔭で1時間
程度で行くことができるようになったからうれしい。

母は山形の雪がどのくらい残っているのか?楽しみだったようだけど、
思いのほか雪は残っていなかった。
しかし遠くに望む月山はものの見事に真っ白!
その昔従兄弟とたちと一緒に月山登山をしたとき、雪渓スキーをしていた
人がいたことを思うと、あの白さは順当だね。
特に今年は雪が多かったし・・・

写真を撮ろうと思っていたけど、運転中はさすがに撮れず。
掲載できないのがホント残念☆次に山形へ行くのはいつだろう?
それまでまだ雪が残っているといいなぁ・・・
posted by torefoil company owner at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 4F 談話室 -つれづれなるままに- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月14日

初めての授業参観

お嬢様の授業参観!「書写」を参観した私たち。
最初に「ペタン」「ピン」「礼」という、奇妙な号令で始まった授業。
「起立」「礼」「着席」には、まだ早いということなんだろうね・・・

正直に言おう。この時間が来るのを恐れていた私。
お嬢様は左利きなので、文字を書くのが結構大変だからだ。
先日右で鉛筆を持たせてみたところ、(親が言うのもなんだけど)完璧な持ち方を見せたお嬢様。しかし力が入らず字が書けない。

彼女は本当に小さい頃から、左利きが強い方だった。
右手でスプーンを持つことも殆どなかったくらいだから、そのままにしていた私もいけないのだろうけど、「まあ、どちらかきちんとできればいいや」くらいの感覚でいたので、仕方がないね。

クラスでは彼女一人が左利きだったらしく、それも親にとってはちとショック。
文字を見ながら書くことが出来ない状態なので、やはり大変そう。
しかしそんなことを言っても始まらないなぁ〜と思っていたら、先生が左利き用のコピー見本を持ってきてくれた。
今は左利きが多いから、そんな配慮もあるのかもね☆とえらく感激した私。

そして線をなぞった後に自分の名前を書くことになった。
お嬢様はお手本を見ながら囲うとするものの、四角いマスの中にバランスよく
書き込むことができない。
そこを指摘したら泣き出してしまったお嬢様。
「何が悲しくてなくの?」と聞いてもはっきりと答えられず、結局寝不足と疲れとうまくできない癇癪が鬱積してドッカンしてしまったらしい。

気持ちはわかるが同調はできない。
なだめすかそうとするも、一度曲がってしまったお臍は急には戻らない。

頑張れ!一年生!!
いつも応援しているよ〜
posted by torefoil company owner at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 6F 子供部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月13日

桜前線

福島の今の桜前線。
福島って盆地になっているのだけど、その鍋の底にポコンと出ている山が。
そこが「信夫山(しのぶやま)」
その山にあるソメイヨシノが福島も標準木になっていて、12日に開花宣言が出された。

そして私の部屋からも、日増しにピンク色の強くなっている桜が見える。
もうすぐ桜の季節、到来!!
皆さんのところはいかがでしょう??

pic_0131.jpg

写真は毎日お買い物途中にある桜の木。
イマイチ体調が戻っていないので、怠慢な日記更新 (>▽<)

posted by torefoil company owner at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 4F 談話室 -つれづれなるままに- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月12日

お嬢様と校歌

お嬢様初の宿題。それは校歌を斉唱すること。

お嬢様の学校の校歌は3番まである。
私の母校だから当然校歌は歌えるので、一緒になって歌ってみるものの
(当たり前だけど)彼女の理解度が今ひとつ。

  朝の光に    照り映える
  吾妻の峯を   仰ぎ見て
  光り輝く    醸芳の
  栄えの歴史   思いつつ
  生い立つ日々の うれしさよ

  西根の堰は   水清く
  流れ豊かに   呼びかける
  心と身体    鍛えつつ
  若木のように  健やかに
  強く育てと   呼びかける

  明るく伸びる  日の本の
  民の力と    なる日まで
  希望に胸を   躍らせて
  学びの道を   一筋に
  手を取り進め  諸共に

漢字にしてみると何となくわかりそうなものだけど、子供には全くわからないだろうなぁ〜と思っていたら案の定、お嬢様はちんぷんかんぷん。

大体「生い立つ日々・・・」だって、小学校の頃は「老い経つ日々・・・」と思っていた私。「老いることのどこがうれしいんだろう??」と思いながら歌っていたくらいだし・・・(^^ゞ

で、私は何をしたか?
歌詞の意味を説明しだしたわけだ。
何とかクリア。そして「宿題できた!」に丸を付けてあげる。
子供にはかなりの重労働だった模様。

そういえば実は私、この校歌の主旋律をイマイチ知らない。
理由は5年生からの転校生だったため低音部を歌う学年で覚えたことと、朝礼のときなどは伴奏側になっていたため、自分のパートはハミングでなら歌えるけれど・・・だからだ。
歌詞までは覚え切れなかったなぁ〜(苦笑)



そういえば「醸芳」、読めますか??
実はこの校名は由緒正しくて、当時銀本位制だったことから、近くの銀山を視察にいらした明治天皇ご一行様をお迎えした際に命名されたというもの。
掛け軸になっている「醸芳」の字を書いたのは、桂小五郎なんだから!

というわけで、突然ですが「醸芳」の読み方、クイズ!!
当たった方にはスペシャルプレゼントを進呈・・・しよっかな?

醸芳の由来について
posted by torefoil company owner at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 6F 子供部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月11日

鬼の霍乱

本当だったら逐一、研修の様子を書き記そうと思っていたのだけど、
ひどい悪寒と頭痛に襲われ、この4年間一度もなかった(と思われる)くらい)珍しくダウンしてしまいました。

一昨日の夜も体中が痛くて、「長距離運転のせいだろう?」と思い、体中にインドメタシンを塗りたくっていた私。
皮膚が赤くなってしまったのを観て「お〜〜効いてるわぁ〜」と思ってたけど、
今にして思えば熱が出る兆候だったのかもね。(ちょっと反省)

というわけで、先程薬を飲んでちょっと楽になりました。
こういう日は無理をしないでゆっくり休むことに。
これから寝ます。おやすみなさい。
posted by torefoil company owner at 18:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 8F ownerの部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。